民藝 ムスイの無水鍋を購入してから、感じたこと


鯵の梅煮、鯖の味噌煮が骨まで柔らかく煮れたら、とは思っていて、
SOGOかどっかで見てから、無骨な見た目で、且つ、
ただ、フタが重いだけかもだけど、圧力鍋的に使える要素が気になっていて、
遂に買って家に届いたので、購入してから感じたこと(購入直後)を記してみます。


無骨でかっこいいです。

圧力鍋が目的と最も合致していたんですが、
圧力鍋の圧力をかける手順が面倒くさそうだった。いや鍋自体の重さでそこそこ圧力かかってくれれば良いよ。
そして、ホーロー鍋でもよかったんだけど、LE CREUSETとか、staub とかの見た目が、
可愛かったのだけど、可愛すぎだと個人的に感じておりました。
なんとなく、男らしい気がします。


鍋は寸胴ではないです。

口径20cmのを買いましたが、寸銅でなかったので、
うちにあった口径20cmの寸銅のやつよりも小さく感じます。
一回り大きいのでもよかったかもと思っています。ムスイの無水鍋


米のとぎ汁で洗う。

しおりが付いてきますが、1回目、最初の方は、米のとぎ汁につけといてください。
とうたっています。土鍋かよと思いました。
つけなくても普通に使えますが、つけといたほうが良いと思います。


鍋つかみがかっこいい。

これはかっこいい。レトロ?ムスイ主張すげーです。
ムスイの鍋つかみ


すげー熱くなる。

アルミ?だからか、火の周りがすげー早いです。
めちゃめちゃ熱い、且つ、密閉性があるからかなかなか料理が冷めないです。

しおりのお婆ちゃんがきになる。

料理の先生がムスイの使いごごちについて解説してくれていますが、
平成6年度のコメントで、この人まだ、健在なのか正直気になってしまいました。
冊子の出来も素晴らしいので、作り直しは不要です。

以上です。

コメント