図書館で、IT 関連書籍を借りて読む


私は大田区在住で、近くには大田区の図書館の分館があります。
妻が本好きなこともあり、図書館に2週間に1回のペースで行きます。 それなりに蔵書もあり、大田区内であれば本の予約が可能で近所の分館まで持ってきてくれるため、8割方読みたいものは、図書館にお願いすれば読めるという状況で結構満足しています。

ここ 1-2 年くらいの間に、図書館で借りて読んだ書籍についての話と、自分なりの本の探し方、注意点について記載します。


前提

前提情報として以下記載します。

どのような立場で利用しているか?

  • サービス事業会社に勤める IT エンジニア である。
  • フロントエンド か バックエンド でいうとバックエンド である。
  • インフラか、アプリケーションかでいうと、アプリケーションエンジニア である。
  • 得意な分野は特にない。
  • 苦手な分野は浮かばないがたくさんある。

よく利用する図書館について

  • 大田区在住のため、大田区の図書館を利用している。
  • 近所には分館があり、直接行くのは分館。1

借りている本との出会い

  • 本棚を眺めていて興味を持った。
  • amazon で検索 図書館にあるのではで、図書館にあり、予約した。

読んだ書籍について

リンク先は、大田区の図書館の資料ページになります。

パッと思いついたのだとこれくらいでした。少なくてすみません。


自分なりの図書館本の探し方

とりあえず検索する

以下のような手法で探しています。普通に検索しているだけです。

  1. 大田区立図書館 - トップページ をブックマークしておく。
  2. ブックマークをクリック。
  3. かんたん検索で、キーワードを入力。例えば SQL と入力。
  4. 検索結果の一覧に移動する。ここで並び替え 出版年の新しい順 を選択。表示変更をクリック。
  5. 新着順のSQL関連の書籍の一覧表示なので、新着でおもしろそうなものを選択し、予約。

RSS 配信とかしてたらうれしいのですが、やっている図書館あるかと思ったらありました。
野田市立図書館 新着RSS
あまり一般的ではないのかもしれませんが、配信すると使う一部の人はいそうに思います。

Chrome plugin その本、図書館にあります。 を入れて、Amazon で検索する

その本、図書館にあります。 - Chrome ウェブストア
Amazon で書籍検索時に、登録した図書館に本があるかを検索してくれます。
カーリルの API を使っているようです。
Amazon で買おうかどうしようか迷っている時、図書館にあって買う気が失せるものは買わないでいい気がします。

スマートフォンに Libraroid を入れておく

電車の中で暇な時に、検索してあったら予約までできるので、かなり便利です。
システム刷新により大田区の検索ができなくなってしまったので、問い合わせから対応依頼を送付しました。
そのうち、修正をしてくれるのではないかと期待をしています。

2週に1回は分館にいってうろうろする

本の貸し出し期間は2 週間なので、延長申請をしなければ 2 週間で返す必要があります。
その際に、借りる本を物色する、予約リスエストで届いた本を受け取るになるのですが、キーワードベースでの検索では見つからない本が目に止まり借りるもあるので、うろうろしてみるのもいいです。


注意点

図書館利用時の注意点の記載になります。

  • 借りた本の雨濡れ対策は必要
    図書館によっては、図書のカバーがついていてあまり心配ないのかもしれませんが、特にカバーなしのケースもあります。
    勿論濡れないようにしておくのですが、返却期限日が台風の日等、雨がすごい日の場合があります。
    バックに浸水して、借りた本が濡れてしまうと、買い取りな必要なケースがあります。
    当たり前ですが、袋なしで借りにいくは 水濡れリスクが高まるので NG かと思います。なので水濡れに強い借りた本持ち歩き用のバックを準備しておくと良いです。

  • しおりに使うもの
    図書館の本に、しおりを挟めたまま返却してしまう場合があります。
    レシート等を挟めておいた場合、図書館の人が気にせず捨ててくれたりしますが、名刺や、ちゃんとしたしおりの場合、気を使ってくれて次回来訪した際に、返してくれます。
    結構これは恥ずかしいので、返す時にしおりを挟めていないか確認する、レシート等をしおりに敢て使うようにしたほうがいいです。1

  • たくさん借りすぎない。
    借りて読まないが往々にして発生します。
    同時に 10 冊以上は借りれますが、2 週間の期限内で読める本は個人的に2-3冊程度なので、その範囲内で借りるようにしています。


書いていて思ったこと

  • 立場上、図書館で満足できるレベルなのかもしれない。
    深すぎる本はやはりあまりない気がします。特定ジャンルと本気調べると満足いかないのかもしれません。
    広く、そこそこ深くレベルであれば なんでもある ような感覚になるのかもしれません。

  • 少し突っ込んであるジャンルを調べたい。
    素人があるジャンルに少し首を突っ込みたい場合、図書館サイコーに思います。

  • 本にお金は払うべき。
    「本当に必要な本はお金を払って買いなさい」と誰かに言われました。そうだと思います。

以上です。


  1. レシートも恥ずかしいと言う話もあります。 

コメント