基本統計量を計算する Google スプレッドシート の数式について


1 次元データの特徴を知るために、平均値 等 の代表値、基本統計量を用います。
Excel の場合、分析ツールで一撃で 基本統計量を計算できるのですが、Google スプレッドシート だと 分析ツールの基本統計量に相当する機能がないため、毎回数式を入力していました。
今後もそれなりの頻度で登場しそうですので、個人的に使用することが多い数式 をまとめます。


計算する統計量について

以下の方針で計算する統計量はまとめました。

  • Excel の 分析ツールの出力に含まれる統計量は出力する。

  • 仕事上、四分位点と、80パーセント点は知りたいことが多いので、それも加える。


出力する 基本統計量 の数式

統計量数式ドキュメントへのリンク
平均AVERAGEAAVERAGE - ドキュメント エディタ ヘルプ
中央値MEDIANMEDIAN - ドキュメント エディタ ヘルプ
最頻値MODEMODE - ドキュメント エディタ ヘルプ
標準偏差STDEVSTDEV - ドキュメント エディタ ヘルプ
分散VARVAR - ドキュメント エディタ ヘルプ
尖度KURTKURT - ドキュメント エディタ ヘルプ
歪度SKEWSKEW - ドキュメント エディタ ヘルプ
範囲MAX - MIN対応する数式は、Google スプレッドシート にはないので、最大値 - 最小値 で表現する
最小MINMIN - ドキュメント エディタ ヘルプ
最大MAXMAX - ドキュメント エディタ ヘルプ
合計SUMSUM - ドキュメント エディタ ヘルプ
標本数COUNTIFCOUNTIF - ドキュメント エディタ ヘルプ
第一四分位数QUARTILE引数 1 を指定 QUARTILE - ドキュメント エディタ ヘルプ
第三四分位数QUARTILE引数 3 を指定 QUARTILE - ドキュメント エディタ ヘルプ
80%点PERCENTILE引数 0.8 を指定 PERCENTILE - ドキュメント エディタ ヘルプ

2次元データ向けで1次元データでは結果が上手く出力できない数式

以下、分析ツールでは 出力されているように見えますが、Google スプレッドシート の数式は2次元データ向けで上手く計算できなかった統計量です。

統計量数式ドキュメントへのリンク
標準誤差STEYXSTEYX - ドキュメント エディタ ヘルプ

参考

以下、記事作成時に参考にしました。

以上です。

コメント