AMPHTML Ads について


Google Developers Japan: AMP Roadshow Tokyo 開催のお知らせ に行って、AMP の最新の動向の話を聞いてきたのですが、AMPHTML Ads というものがあるそうで、全然知らなかったので、調べてみました。


参考

以下、参考になりました。


AMPHTML Ads が必要な理由

Web 広告は JavaScript がゴリゴリ実装されていたりして、表示が遅い傾向があります。
それに対して、AMP ページは、Cache CDN から表示されるため、非常に高速であるため、相対的に Web広告がより遅く感じるためかと思います。


広告表示側が実施すること

Google Adsense のヘルプに記載がありますが、amp-ad タグを AMP ページに記載して、広告を表示すると、AMPHTML Ads に対応した広告が配信されます。 1 AMP 対応広告ユニットの作成方法 - AdSense ヘルプ
このブログでは、amp-sticky-ad で AMP ページで画面下に広告を配信していますが、表示の速度的に、AMPHTML Ads に対応した広告が配信されています。


広告掲載側が実施すること

amphtml/amp-a4a-format.md at master · ampproject/amphtml のフォーマットに従って、広告クリエイティブを作成する必要があります。
AMP by Example に、AMPHTML ads に関するページがあり、ここのテンプレートを元に作成することもできます。
Hello World

また、Google Web Designer には、AMPHTML ads 形式のページ? を作成するための機能があるようです。


速度差

ざっくり言うと、3倍は早そうです。

以上です。


  1. 調度いいのがなければ、通常の表示が遅い広告が来るのかもしれません。 

コメント