Statistics


統計検定2級 の取得のため学習を進めていて、大学時代単位を取得したような覚えはあるのですが、完全に忘れており、自分自身の脳力の低さ(衰え)を何か実感しております。
学習には、統計学入門 - 東京大学出版会を使用しており、python で書籍中に登場した関心事を幾つかまとめています。
以下、思い出し用に、書籍の項に紐づけた形式でのリンク集を記載します。
新ためてリンク付けしてみると、網羅性、記事数が足りません。
随時追加していこうかと思います。


目次


第1章 統計学の基礎

1.1 統計学とは

1.2 統計データと統計手法

1.3 統計データの分析プロセス


第2章 1次元のデータ

2.1 度数分布とヒストグラム

2.2 代表値

2.3 散らばりの尺度


第3章 2次元のデータ

3.1 2次元のデータとは

3.2 散布図と分割表

3.3 相関係数

3.4 直線および平面のあてはめ


第4章 確率

4.1 ランダムネスと確率

4.2 標本空間と事象

4.3 確率の定義

4.4 加法定理

4.5 条件付確率と独立性


第5章 確率変数

5.1 確率変数と確率分布

5.2 確率変数の期待値と分散

5.3 モーメントとモーメント母関数

5.4 チェビシェフの不等式

5.5 確率変数の変換


第6章 確率分布

6.1 超幾何分布

6.2 二項分布とベルヌーイ分布

6.3 ポアソン分布

6.4 幾何分布と負の二項分布

6.5 一様分布

6.6 正規分布

6.7 指数分布

6.8 ガンマ分布

6.9 ベータ分布と一様分布

6.10 コーシー分布

6.11 対数正規分布

6.12 パレート分布

6.13 ワイブル分布


第7章 多次元の確率分布

7.1 同時確率分布と周辺確率分布

7.2 条件付確率分布と独立な確率変数

7.3 多次元正規分布

7.4 独立な確率変数の和


第8章 大数の法則と中心極限定理

8.1 大数の法則

8.2 中心極限定理

8.3 中心極限定理の応用


第9章 標本分布

9.1 母集団と標本

9.2 母数と統計量

9.3 統計量の標本分布

9.4 有限母集団と有限母集団修正


第10章 正規分布からの標本

10.1 正規分布の性質

10.2 分散が既知のときの標本平均の標本分布

10.3 標本分散の標本分布

10.4 分散が未知のときの標本平均の標本分布

10.5 2標本問題

10.6 標本相関係数の標本分布


第11章 推定

11.1 点推定と区間推定

11.2 点推定の考え方とその手順

11.3 点推定の基準

11.4 点推定の例

11.5 区間推定


第12章 仮説検定

12.1 検定の考え方

12.2 正規母集団に対する仮説検定

12.3 いろいろのχ2検定

12.4 中心極限定理を用いる検定

12.5 検出力


第13章 回帰分析

13.1 回帰分析

13.2 回帰係数の推定

13.3 偏回帰係数の統計的推測

13.4 重回帰分析